Madeni by 二戸サントップ

ORDER SUITオーダーコート

MADENIについて

クラシックにアレンジを生かしたモデル

Madeniのコート第一弾は、クラシックコートの定型とも言えるモデル「アルスターコート」です。ダブル6釦、やや広めの衿、バックベルト、袖にはターンナップカフスが特徴のコートです。ライニングはあえて背抜き仕様にしており、スポーティな印象へアレンジしています。背中のボックスプリーツは上半身の動きと足さばきを阻害しない機能性とディティールを演出しています。

イタリア北部の製法
イタリア北部の製法

無染色キャメル100%の生地を使用

このコートでは、国内メーカーが監修した高品質なキャメルを使用しています。無染色のため原毛の良質感を味わえます。ドレープ性と上品な光沢がコートの存在感を引き立てます。原毛はカシミヤなど獣毛産地として知られているアラシャン地方産になります。キャメルの中でも最上級グレードを使用し、通常よりも細い糸で紡績されています。高密度に織り上げることにより、適度なハリコシとドレープ性があり、特殊な艶出し加工を施して上品な光沢のある素材です。

選べる素材

Madaniのアルスターコートでは、表地素材は無染色キャメル100%のほか、オプションでグレー、ネイビー、ブラウンのカシミヤを含むウール素材も選択ができます。ボタンは水牛のほか、オプションで二戸市の特産である「漆」で塗られたボタン3色も用意しております。二戸市は国産漆の生産が日本一であり、国産の約7割がこの地域で生産されています。漆塗りのボタンは、二戸市浄法寺にある漆器製作工房「滴生舎(てきせいしゃ)」の協力により特別に作られたものです。

MADENI

手作業を多用した縫製

このコートでは、素材とデザインの特性を最大限に生かすために、徹底した手作業に拘っています。例えば、腰ポケットのデザインは、アイロン工程に時間を掛けてシルエットに合わせた曲線の玉縁に形成し、手星カンヌキで仕上げています。
衿は一枚の布で作り上げているため、高度なテクニックが必要とされる「くせとり」という技術を取り入れ、首筋のラインに合うように、アイロンで生地を伸縮させて立体感を出しています。また掛けやすさと下を向かない釦にするため、根巻を生地の厚さに合わせ長めに設定し丁寧に釦付けをしています。

イタリア北部の製法
MADENI

オーダーできるコートの価値

誰もが一度は、コートの袖や着丈が自分の体に合わなかった経験があるのではないでしょうか。また、コートは中に服を着るため、スーツに比べて厳密なフィット感を求められる機会も少ないです。しかし、サイズが合わないと見た目や着心地の満足度に大きな影響がでてしまいます。今回のアルスターコートでは4サイズのゲージサンプルから、お客さまの好みに合わせたサイズにアレンジしてご提供いたします。

選べる素材

Madaniのアルスターコートでは、表地素材は無染色キャメル100%のほか、オプションでグレー、ネイビー、ブラウンのカシミヤを含むウール素材も選択ができます。ボタンは水牛のほか、オプションで二戸市の特産である「漆」で塗られたボタン3色も用意しております。二戸市は国産漆の生産が日本一であり、国産の約7割がこの地域で生産されています。漆塗りのボタンは、二戸市浄法寺にある漆器製作工房「滴生舎(てきせいしゃ)」の協力により特別に作られたものです。